彼とわたしと店長の深夜勤務 レビュー

彼とわたしと店長の深夜勤務 レビュー

【DMMコミック】同人:彼とわたしと店長の深夜勤務 SP/PC

 

 

寝取られものにはいろいろなパターンがありますが、本作品はバイト社員の彼女を店長が寝取るもの。
立場の強さを利用した鬼畜の行為です。
だから、寝取られ側の悔しい心と、快楽におぼれる肉体とのギャップをどう表現するかが作者の腕のみせどころになります。
その点でいうと、本作品は二重丸の評価です。

 

主人公の円香はヒロシをつきあってはいますが、まだ最後の一線は越えていません。
ある日、ヒロシと同じバイトに誘われます。
ところが、バイト先の店長に円香は目をつけられてしまいます。
そして深夜勤務の時、店長に襲われヒロシのためにと守っていた処女を奪われてしまいます。

 

店長に襲われるシーンが秀逸です。
ヒロシを想いながら犯されていきますが、体は快楽を求めていきます。
下手なAVよりも迫力があります。
初体験前後の円香の表情にも注目してみてくださいね。

 

 

もっと詳しい内容はこちらをどうぞ!
↓↓↓
彼とわたしと店長の深夜勤務